あなたの本当の強みの見つけ方とそれを活かす方法。副業でのお金の稼ぎ方まで解説!


悩む人

お金を稼げるくらいの強みが欲しい!


悩む人

でも自分には強みなんてない。。


悩む人

強みを活かしているつもりだけど、なぜか結果が出ない!


上記のように「自分の強みを活かして結果を出したい人」に向けて書いています。

副業やビジネスでは「強みを活かす」ことが大事ということは誰でも分かっています。

でも、多くの方の悩みは「自分の本当の強みが分からない」ということではないでしょうか。

今回はそんな方のために、とっておきの方法を紹介します。
実は「本当の強み」はある方法を使うことであぶりだせるのです。

強みを見つけたら、それをどのように活かすのかという点も解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。


この記事を読んで分かること

・結果が出る強みの見つけ方

・強みを活かす方法

・強みを活かしてお金を稼ぐ方法


改めて結果を出すにはなぜ「強み」が必要なのか

結果を出すには「強み」を活かすことが重要。
というのはなんとなく認識している人が多いと思いますが、それは具体的になぜでしょうか。


ゆうすけ

うーん。改めて考えると難しいな。


結論、「強み」を活かせている人には「説得力」が宿るからです。
これだけではイメージが湧きませんね。

例えば、副業で結果を出す(お金を稼ぐ)ということを考えてみましょう。
副業でお金を稼ぐということは、当たり前ですが商品・サービスを誰かに購入してもらうということです。

つまり人に「行動」してもらう必要があります。


ゆうすけ

それってそんなに難しいの?


人に何か「行動」させるというのはとてつもなく難しいことなんです。

ここで質問です。
次のAとBのサービスはどちらを買ってみたいと思いますか?

A「月に10万円稼げる副業教えます。誰でも簡単にすぐできます」
B「月に10万円稼げる副業教えます。50種類の副業を試しても売上ゼロだった私が唯一稼げた方法です」

恐らくBの方が説得力があって買ってみたいと思ったのではないでしょうか。


ゆうすけ

50種類を試してみた行動力がすごいですね!


このBの人は50種類の副業を試した経験が強みとなって、説得力をもたらしているのです。
何を言うかよりも「誰が」言うかが重要なのです。

この「誰が」の部分を形作るのが「強み」と言えます。

この例を見ても分かるように、「強み」は決してあなたが特別でなくても作ることができます。
では「強み」の具体的な見つけ方を見ていきましょう。

ポイント

・結果を出すには説得力が必要

・強みは圧倒的な説得力をもたらす

・強みは作ることができる


あなたの強みを見つける方法

強みを見つける方法としては次の3つがあります。

・抱えているトラウマを強みに変える
・壁にぶつかった時、自分には何が残るかを考える
・他己評価を取り入れてみる

抱えている「トラウマ」は唯一無二の「強み」になる

あなたの「トラウマ」は強力な「強み」になります。

なぜかというと、トラウマを克服した経験は人の心を深く打つからです。
先ほどの例でも、Bもある意味トラウマを武器にしています。


ゆうすけ

「50種類の副業を試したけど、売上がゼロ」というのは相当なトラウマですね。


Bはなぜ魅力的なオファーに見えるかというと、「副業を何種類かやってみてもダメで悩んでいる人」の共感をさらい、説得力が生まれたからです。

あなたが経験したトラウマは何ですか?

誰しもトラウマとそれを乗り越えた経験はあるはずです。
ぜひその経験を「強み」に変換してみましょう。
小手先ではなく唯一無二の強みが見つかるはずです。


壁にぶつかったときに自分には何が残るか

壁にぶつかったとき、自分の中に何が残るか。
あなたの「本当の強み」は壁にぶつかったときにこそ現れます。

ここでは副業ブログを例にして考えてみます。

わたしの周りに「本のせどり副業」をテーマにしてブログを毎日かいている人がいました。
彼は本のせどりで稼げていることが自分の強みだと感じており、ブログも継続して書き続けていました。

しかし、半年ほどたったとき彼はこう言いました。
「書いていてもたのしくなくなってきた。それにもう書くことがない。」

その後彼はどうしたかというと、本の書評を書きはじめました。
今、2年程継続していると聞きます。私も彼の影響を受けて書評ブログを始めたわけですが。


ゆうすけ

今のところ正解だったと思います。


彼が本当に興味があったのは「本のせどり」ではなく、「本そのもの」だったわけです。
このように壁にぶつかったときに残ったものは、あなたが本当に情熱を注げるもの、すなわち「強み」です。

この例で説明したように、本当の強みを見つける上で、継続してブログを書くことはおすすめです。
見せかけの強みは途中で折れてしまいますが、本当に情熱を注げるものは書き続けることができます。

他己評価は参考になる

強みを探すときは自己評価ではなく、他人からの他己評価を参考にしましょう。

自身で感じる自分の強みと、他から見た自分の強みは違っていることがよくあります。
自分では当たり前にやっていることも、他人から見ると「凄い!」と思われることがあります。

ですので、身近な人でも良いので、ぜひ他己評価をしてみてください。


ゆうすけ

身近にそんなこと聞ける人がいない。


そんなときは、以下の本が参考になります。
いくつかの質問に答えていくだけで、自分が強みとする能力がわかります。

しかもその能力の効果的な活かし方まで記載されているので、ぜひ試してみて下さい。


ゆうすけ

ちなみに私は「分析」「学習」分野に強みを持っていました。


自分で言うのもなんですが、よく当たっていると思います。
本を読むのが好きなのは「学習」に当たりますし、株の銘柄分析が好きなのは「分析」分野に当てはまるからです。



強みを活かして説得力を持たせる方法

ここまでで自分の強みの見つけ方は分かったと思います。

もう一度説明しますが、強みを見つける目的は説得力を身に付けるためです。
次からは強みを活かして説得力を持たせる方法について解説します。

自分の性格タイプを認識する

あなたの性格のタイプを見分けることは、説得力を持たせるうえで重要です。
性格のタイプを知ることで、強みの打ち出し方が分かるからです。

例えば、資産形成の方法に詳しいという強みを持ち、人を陰から支えるタイプの性格の人を考えます。

この人がいきなり人前で講演したり、自分のホームページを作って高額セミナーを売り込むようなことをしたらどうでしょうか。
一概には言えませんが、恐らく失敗すると思います。


ゆうすけ

もちろん、強く願って邁進すれば成功することもあります


しかし、人を陰から支えるという性格を考えると、1対1の資産形成コンサルをしたり、家計に困っている人の節約方法の相談に乗ったりした方が成功確率を高められるはずです。

人には向き不向きが必ずあるので、自分の性格タイプを知って強みの活かし方を考えることは重要です。

人には大きく分けて次の4つのタイプがあると言われています。
一度、あなたがどのタイプに入るのか考えてみて下さい。

「主役」 : 前に出る × ステージに立つ
「監督」 : 前に出る × ステージに立たない
「脇役」 : 前に出ない × ステージに立つ
「助監督」: 前に出ない × ステージに立たない

失敗談をさらけ出して語る

強みを語る上で、逆に失敗談を語ることは効果的です。

なぜなら、失敗談にこそ人は心を打ち、共感を示すからです。
強みをただ打ち出すだけだと、嫌味に聞こえたり自分には関係ないと思われてしまいます。

説得力を上げるには、相手とあなたとの間に共感を作ることが非常に大切です。
そのためには失敗談を語ることを意識してみて下さい。

強みを活かしてお金を稼ぐ方法

最後に、少し踏み込んだ話をします。
強みを使ってどのようにお金を稼ぐのかということを解説してみます。

結論から言うと、人に商品・サービスを売るときは次の流れで説明すると効果的です。

①信頼構築 : こちらが何者かを語ってどの立場から話しているか明確にする
②感情表現 : 心の声を使って共感を作る
③問題特定 : 相手の困りごとを気付かせる
④商品説明 : 困りごとに効く商品を提案する

強みを使うのは主に①の段階です。
あなたがどんな強みを持っていて、どんな立場から話すのかということを明確に示しましょう。
あなたの強みが明確になっていると、これ以降の段階の説得力がケタ違いに上がります。

②では感情表現を使いながら、相手との共感を作る段階です。
失敗談を惜しみなく伝えるようにしましょう。

実は、モノが売れるか売れないかは、ほぼ①②で決まるとさえ言われています。
それだけ強みを明確にして説得力を持たせることが重要なのです。

まとめ:本当の強みの見つけ方とそれを活かす方法

ここまでのポイントをまとめておきます。


強みの見つけ方

・抱えているトラウマを強みに変換する

・壁にぶつかった時に残るものは何かを考える

・他己分析を活用する


強みを活かして説得力を持たせる方法

・自分の性格タイプを認識する

・失敗談をさらけ出す

今回の内容は下記の本を参考にして書いています。
この記事で紹介したノウハウが具体例とともに記載されており、胸を深く打つ内容になっています。
ぜひ手に取って読んでみることをおすすめします。

リンクを貼っておくので気になったら是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です