ビットコイン(仮想通貨)投資はまだ儲かるのか?今後の展望から購入方法まで徹底解説!


悩む人

仮想通貨って実際どうなん?


悩む人

リスク高いし危険でしょ?


悩む人

仮想通貨はゼロサムゲームで投資とは言えないのでは?


上記のように「仮想通貨は気になるけど、ちょっと。。」と拒否反応を示す人に向けて書いています。
私自身、そっち側の人間でした。(今はどちらでもなく中立の立場です)

とはいえ、「仮想通貨に投資をしていた人から、多くの億り人が発生しています」
こんな情報をやたら見かける昨今、仮想通貨を無視するわけにはいきませんよね?


仮想通貨についてちゃんと知ったうえで判断しよう!


そう思っていろいろ調べてみたのでこの記事にまとめます。
調べて思ったのは、仮想通貨は資産形成の上で必須ではないが、無視するにはもったいないということ。

実際、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは、ビットコイン価格の中長期的なターゲットを14万6000ドル(約1500万円)としています。
つまりビットコインをはじめ仮想通貨はまだ黎明期で、それらの本当の価値を知ることで、投資のチャンスを逃さず、未来の資産を築くのに役立てられるということです。


この記事を読んで分かること

・ビットコイン、仮想通貨は今後も明るい

・仮想通貨の取引方法

・仮想通貨でお金を稼ぐいろいろな方法



ビットコインは今後も値上がりが期待できるか?

ビットコインは何度もバブルと暴落を繰り返しています。
2017年に200万円をつけて大きな話題になったのは、多くの人が知るところだと思います。
CMでもしきりに仮想通貨取引サービスの宣伝が流れてましたね。

その後長らく低迷期があり、一部ではオワコン説もささやかれていましたが、最近になって再び盛り上がりを見せています。


ゆうすけ

ビットコインはこれからどうなっていくの?


結論、ビットコインは今後も長期にわたって価格が上がっていくと予想されています。
専門家たちは今後のビットコイン価格を次のように予想しています。

予想価格時期
シティバンク31万8000ドル2021年12月
JP・モルガン・チェース14万6000ドル長期
ブルームバーグ10万ドル2025年
ウィンクルボス兄弟50万ドル長期
ファンドストラット12万ドル2021年

有名どころが次々と強気予想をしていますね。
その根拠は何ぞや?
ビットコイン価格が上がる理由として次の理由が挙げられます。


理由1:ビットコイン価格に連動する上場投資信託の登場

一つ目の理由が、ビットコインの価格に連動する上場投資信託(ETF)の登場です。
上場投資信託とは、その名の通り証券取引所に上場している投資信託のことです。

2021年2月に、カナダでビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託が世界で初めて承認されました。
つまり、金融商品としてビットコインが認められたということになります。


ゆうすけ

そうするとどうなるの?


ビットコインが金融商品として取引されるようになると、投資家が投資しやすくなるので取引量が増えます。
ビットコインにどんどん資金が流れ込んでくる可能性があるということですね。


理由2:4年に1度「半減期」がある

ビットコインには「半減期」という仕組みがあります。

そもそもビットコイン取引はブロックチェーンと呼ばれる技術を利用して成り立っています。
ブロックチェーンでは、一定時間の取引データはまとめて暗号化されてブロックと呼ばれます。
このブロックが約10分おきに一つ新しく生成されて、チェーンのようにつながっていきます。
(詳しく知りたい方はこちらのリンクが参考になります)


ゆうすけ

このブロックをつくるための計算は誰がするの?


「マイナー」と呼ばれる人・組織が計算を行っています。
この「マイナー」には計算報酬としてビットコインが与えられます。


ゆうすけ

マイナーが増えたらビットコインが大量発生して価格が落ちない?


そこで出てくるのが「半減期」という考え方です。
ビットコインのマイナーへの報酬は4年に1度半分になります。

報酬が半分になればマイナーは減って、ビットコインの新規発行数も減っていきます。
したがって供給量が減るので需給バランス的に価格が上がっていくと期待できるのです。


仮想通貨でお金を稼ぐ方法

仮想通貨でお金を稼ぐ方法は、売買だけではありません。
私はまだ実践できていませんが、今後仮想通貨を買い増しできるチャンスがあればやってみたいと思いました。

【レンディング】(貸仮想通貨)

レンディングは講座に預けている仮想通貨を第三者に貸し出して利息で稼ぐ方法です。
貸し出すことで、自分では何もしなくても年率3%ほどの利息が貰えます。


ゆうすけ

まるで銀行のようなことができるんですね。


日本の取引所では、コインチェック、GMOコイン、ビットバンクなどで扱っています。


【ステーキング】参加するだけで年5%の報酬

ステーキングとは対象の仮想通貨を保有してブロックチェーンに参加数することで、対価として報酬が貰える仕組みです。
保有する仮想通貨によって利回りが異なるようですが、そもそも日本の取引所では取り扱いがほぼありませんでした。

現時点ではGMOコインでテゾス(XTZ)というコインがステーキング対象となっているようなので、気になった方は下記をご参考下さい。

ステーキング | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン (z.com)


【Coincheckでんき】ビットコインで電気料金を支払うと報酬

Coincheckが「Coinchekでんき」という面白いサービスを展開しているようです。

これはCoincheckでんきで電気料金を支払うと、月1~7%のビットコインがコインチェックウォレットに貯まります。
日本全国対応している(地域によって利率が異なる)ようなので、ぜひチェックしたい内容です。


【NFT】無限大の可能性を秘めた仕組み

みなさんNFTをご存じでしょうか?

NFT(Non Fungible Token)とはデジタルアート作品などのデジタル資産の権利証のことを指します。
この権利証には仮想通貨と同じブロックチェーン技術が利用されています。

何度でもコピーできる一般益なデジタルデータと異なり、NFTは唯一無二で複製が不可能という特徴があります。


これでどうやってお金を稼げるの?


NFTには実物のアートと同じように「1点モノ」の価値があります。

これらを今買っておくことで、今後参入者が増えたときに大きな値上がりが期待できるかもしれません。
一部ではすでに高騰している作品もあるので注意は必要です。

とはいえナイキやコカ・コーラ、Yahooなど有名企業が続々と名乗りを上げていることからも、今後ますますの盛り上がりを見せるのは間違いないと思います。


NFTはどうやって買うの?


NFTは主に仮想通貨の一種であるイーサリアムを使って購入することができます。
詳しい購入方法はおって解説します。


改めて、仮想通貨とどう向き合うか

仮想通貨に懐疑的だった私ですが、いろいろ調べるうちに仮想通貨への考え方が少しだけ変わりました。
それは仮想通貨に対して、小さく、少しだけ投資してみようと思ったことです。


ゆうすけ

具体的には全資産の1~2%だけ組み入れてみました。


投資判断をした理由としては、下記4点です。

①今後も値上がりする材料があるから
②インフレのリスクヘッジになるから
③今後ブロックチェーン技術を生かしたサービス拡充が期待できるから
④レンディングによる利回りが魅力的だから

③については可能性∞だけに将来が全く予想できません。
唯一言えるのは、仮想通貨に投資をしないことで大きな流れから取り残されるリスクがあるということです。

したがって、少額でも良いのでポジションを取るということをしました。

以下の内容は仮想通貨が気になった方向けに取引方法を記載しました。

仮想通貨の取引方法

仮想通貨は主に下記の仮想通貨取引所で売買することができます。

取引所銘柄数販売形式最低取引数量セキュリティ
ビットフライヤー12取引所
販売所
取引所:0.001BTC
販売所:0.00000001BTC
マルチシグの導入
コインチェック15取引所
販売所
円建てで500円相当額国内外複数の情報セキュリティ企業などへ依頼
DMMビットコイン11販売所0.001BTC顧客資産(日本円および仮想通貨の分別管理)
GMOコイン7取引所
販売所
0.0001BTC24時間の監視体制・顧客預かり資金と仮想通貨の分別管理


ゆうすけ

販売形式の「取引所」「販売所」ってなに?


取引所は仮想通貨を売りたい人、買いたい人が売買注文によって取引します。
それに対し販売所は販売所が売りたい人、買いたい人に売買します。

販売所では自分で希望価格を設定できず販売所の言い値で買うことになるので、取引所に比べると割高になりがちのようです。
しかし、そのときの価格で希望数量を瞬時に購入できるというメリットはあります。

私も実際に取引をやってみて、取引所の方が10%以上安く買えたので極力取引所で売買する方が良いと思います。
もし販売所で購入した場合、価格によっては長期間含み損を抱えることになりますからね。


まとめ:ビットコイン投資の今後の展望と購入方法

ここまでの内容をまとめておきます。

この記事のポイント

・仮想通貨は今後も価格が上がる可能性が高い

・仮想通貨を使ってお金を稼ぐ手段は複数ある

時代の流れに取り残されないように小さく始めてみる価値はある


ビットコインへの入門としては下記の本が参考になりますので、ぜひ読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です