【書評・要約】「金儲けのレシピ」を読んで個人の副業に活かせそうな点をまとめた。


悩む人

副業を始めたもののなかなか収入が増えない。。


悩む人

お金を儲けるのコツがあれば知りたい!


上記のように「副業で伸び悩んでいて、これからもっと稼ぎたい人」に向けて書いています。

私はココナラというスキルマーケットで先日、売上100件を達成しました。
売り上げは月当たり1.5~3万円を稼げており、自分のお小遣い分は賄えています。
ビギナーは脱出したというところでしょうか。

まだまだプロとは言えませんが、だからこそ副業の初心者の方に向けてはよりリアルな目線で解説できると思います。

さて、今回はタイトルの通り書籍「金儲けのレシピ」から個人の副業で実践できそうなポイントを解説していきたいと思います。



現在、会社での給料が伸びていかない中、副業を始める方は年々増えています。
でもその中から月5万円以上稼げているのは上位20%程度だそうです。

稼げている人と、そうでない人ではいったい何が違うのでしょうか。

本書は副業に限らず、お金を稼ぐための「コツ」を15個のレシピとして紹介してくれています。

今回の記事ではその中から、個人の副業で特に生かせそうなポイントを抜粋して紹介します。


この記事を読んで分かること

・1回作って何回も売れるビジネスを考えよう

・無形高額商材の営業をマスターしよう

・値段を高くして信頼感を作ろう

・謎の資格を作って勝手に権威になる


金儲けのレシピ4: 1:n構造を作る

1つ目に紹介するのは「1:n構造を作る」というレシピです。

これは平たく言うと、1回商材を作って、それを何回も売れということです。
分かりやすい例でいうと、電子書籍などはまさにそれですよね。


ゆうすけ

メリットを教えて!


1:n構造の何が良いかというと、1回の作業量で大きな売り上げを上げられる点です。
コストもほぼはじめの1回にかかるだけなので、以降の売り上げはそのまま利益になります。

副業では、ぜひ1:n構造を作れないか検討してみましょう。


金儲けのレシピ8: 空気を売る

利益率の高いビジネスの代表として「ディスコ」があります。

ディスコは空間に人を入れるときに「入場料」という形でお金を取ります。
まさにディスコ内の空気を売っていることになります。
これがなぜ儲かるかというと、ディスコは空間に人が入るだけなので損益分岐点を超えた後は、入場料は全て利益になります。


ゆうすけ

個人がディスコを運営するのは無理。。


ディスコはあくまで例えです。
ここから個人が学べるのは、「無形高額商品」を売ると儲かるということです。
無形高額商の例としては、コンサルティング業、保険や証券などの金融商品になります。

しかし「無形高額商品」を売るのは難易度が高いのも事実です。
これを売るときのポイントとしては下記3点になります。

・有形商材っぽくする
・購入後のストーリーを想像させる
・課題解決として提案する

例えば副業で「資産運用の相談」というコンサル業をしていた場合、下記のような売り方ができます。

有形商材っぽくする:
本のような形でポイントをまとめた冊子を渡す

購入後のストーリーを想像させる:
資産が着実に増え、海外旅行にも行けるようになる、といったストーリーを想像させて購入意欲を掻き立てる。

課題解決として提案する:
老後2000万円問題が叫ばれているが、投資信託を買っておけば~

無形高額商品は販売の難易度は高いですが、販売に成功したら非常に儲かる方法なので営業方法をぜひマスターしてみて下さい。


金儲けのレシピ12: 高いものは良いものだ

商売の基本として、ライバルよりも安い値段で商品を提供するという常識があります。

しかしそれとは逆に高い値段設定をすることでメリットを得られるケースがあります。
例えば「占い」です。

次の2つの値段設定があった場合、どちらが「信頼感」があるでしょうか。

・1時間1000円
・1時間10000円


ゆうすけ

10000円するんんだからよく当たるんだろうな。


多くの方も10000円の方が信頼感があると思うのではないでしょうか。
人は自分の都合の良いように事実を捻じ曲げて物事を解釈します。

10000円の占いの結果がイマイチ当たっていなくても、10000円もしたのだから意味のあることを言っていたに違いないと解釈してしまうのです。

あなたの副業もこのような心理的機能を利用できないか考えてみて下さい。


金儲けのレシピ13: 勝手に権威になる

副業を始めたばかりの人は「ヒト・モノ・カネ」全てが揃っていない状態だと思います。

ビジネスでは権威性が重要だと言われますが、そんなの持ってないよ!という方におすすめの方法があります。

それは「勝手に権威になる」ということです。


ゆうすけ

勝手に権威になるってどういうこと?


ここで言っているのは、権威性は自分で作れるということです。
方法としては次の2つがあります。

・勝手に格付けする
・謎の資格を作って権威になる

勝手に格付けする

これは食べログなどの比較サイトを思い浮かべると良いと思います。
食べログは店舗側の了解を得ることなく、ユーザーが自由に見せの格付けをして成り立っているサイトになります。

これと同じことを副業でもすれば良いわけです。
ブログを例にすると「○○駅周辺のおすすめランチ10選」のような記事はよく読まれる傾向にあります。

謎の資格を作って権威になる

これは今すぐ誰でもできる方法です。
人は「資格」という言葉に弱いです。

何か資格と名の付くものを見ると、たちまち信用してしまう傾向があります。
例えばあなたが投資コンサルを売っていきたいなら「資産形成スペシャリスト」とプロフィール欄に書けばよいわけです。

注意点としては実在する資格を取得していないのに勝手に名乗るのはいけません。


まとめ:金儲けのレシピ

ここまでの内容をまとめます。

この記事のポイント

・1回作った商品を何度も売ることを考えよう

・無形高額商品の営業方法をマスターしよう

・高い値段設定を検討してみよう

・謎の資格を作って勝手に権威になろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です