【資産公開】2021年7月末のポートフォリオ

今月も資産総額と投資ポートフォリオの公開をしていきます。

2021年7月の市況とポートフォリオ

2021年7月のポートフォリオは下記の通りです。

前回から現金比率をかなり増やしました。
米国FOMCが終了し金融緩和の縮小の気配が大きくなってきました。
まだしばらくは相場の急落はなさそうですが、リスクを減らして様子見をしているところです。

5月くらいから新興国株式(eMAXIS Slim 新興国株式インデックス)を積極的に買い入れていました。
しかし7月末に中国株が急落したため、その影響を受けて新興国株式比率が思うように上がっていないです。

コモディティについて。含み益が出ていた銀・プラチナはポジションを引き続き持ちつつも半分以上を売却。
金は1/3程度を売却。

来月へのアクション

新興国株式

引き続き買い向かいを継続します。中国の割合が大きなeMAXIS Slim 新興国株式インデックスをメインで購入しつつ、インド、アフリカ等の期待枠も積極的に狙っていきたい。

国内株式

JRなどのインフラ関連はまだコロナ前の水準に戻らず、割安水準にある。
ワクチン接種の進み方次第では爆上げの可能性もあり、こちらも積極的に狙っていきたい。

ソフトバンクグループについては、暴落時に仕込んだ分がズルズルと下げている。
PERは3倍程度と歴史的な低水準にあるが、今後の動向次第では精算する。

コモディティ関連で仕込んだ新日本製鉄と三井物産は、はっきりせず持ち合い。
このまま保持する。

7月の所感

インデックス指数に特に大きな変化はなく、退屈な相場だった。
そう考えるとインカムゲインを増やすために高配当投資に踏み切りたいが、これは次の下げまで我慢。

投資は地道に積み立てを続けつつ、ブログ、ココナラなどの稼ぐ方に注力していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です